日常やら思ったことやら綴り散らし。
graphiTe
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
容疑者X2回目!!
2008年 11月 15日 (土) 21:16 | 編集

見てきました。
容疑者Xの献身、2回目!!!
学校の帰りに一人で行ってきましたよ。
なんか映画館までの道のりが異様に長く感じたのは何故でしょうか・・・。

ってわけで追記にて感想&語り。


まだ見てない人は見ないで下さい。


めっちゃ長いです汗
無駄に。



2回目ということで、もう内容は全て分かっているんですよね。
1回目の時も、原作で読みましたからトリックとかは分かっていましたが。

まぁ、順番に♪

やっぱり最初の登場シーンはかっこいいですね・・・!!!
暗闇の中、口の端がゆーるーむー。
准教授の素晴らしい声音ににやついているんですよ☆

実験シーンはやっぱり圧巻だなー!大学でああいう大掛かりな実験してみたいな。
物理科ではないだろうが泣

愛の方程式のシーンの薫嬢と湯川のやりとりはいつ見てもすきー♪
内海さんは相変わらずお美しい・・・。

そして石神登場!!
1回目のときは、その時点で泣きそうでしたが、今回はそうなりませんでした。
ううー!やっぱり堤さんは当たり役です!!
最初は「かっこよすぎる!」とか思いましたが、そんなことはありませんでしたね。

石神の雰囲気がすごくよくでてる!!

花岡母娘のシーンはやっぱり、目が離せませんでした。
気付いたら息をするのを忘れていたという←
でも、すごく心に残るというか・・・

壮絶、って言葉があうシーンですよね。
そして事件が始まっていく・・・。


二人の再会シーン・・・の前に湯川への依頼シーン。

あんたやっぱり美人好きだね笑
うつみんがやきもちやいちゃうよ☆

最初意地張っちゃうけど、あとから頼む内海さんがかわいすぎる♪
その点、草薙はさっぱりというか潔いというか・・・笑

湯川と石神の再会シーンはもう、湯川がかわいすぎます。
お酒飲んで違った意味でのおしゃべりになるとかwww
グラスの氷回すのがもう・・・。
かわいすぎる←
やっぱあれは癖だね癖。
石神も口調違うし、テンションも上がってましたね。


二度目に会って、別れる場面。
実を言うと、あの場面が一番好きかもしれない。
二人の台詞も、情景も、カメラワークも。
放送部だから、どうしても映し方とか気になる笑

道を挟んで 車が通った瞬間に相手へとカメラがうつる。
ああいう撮り方、一番好きだな。やってみたい。

あそこで、お互い、疑い疑われになったのでしょうか?
去る時の二人の表情が気になる。


そして次に会うのは雪山。(あってるよね?)
まさかの雪山。1回目も思ったけどまさか笑

山小屋での二人の掛け合いは絶妙だぁ・・・!
石神のあの言い方は「僕が犯人だよ」って言ってるようにも聞こえません?
わざと、かまかけるみたいな・・・。先手打って迷わせるみたいな。
でもそれよりも!
湯川の「君が友達だからだ」の次の「僕に友達はいない」って・・・。
そこで泣きそうになりました。つーか泣きました←

ガスが吹き荒れるシーンも、『壮絶』でしたね。
叫ぶ湯川と見やる石神。加えてあの眼!!

しかも湯川滑落!!!
免疫はできてましたが、初見の時はびびりました。
え!?湯川おちたぁぁあ!!

一瞬石神は置いてくのかと思いました。
最初からそのつもりだったのか、本当に聞こえなかったのか、それとも思い直したのか。。。
私は聞こえてはいたけど、殺すとかそういう感情は一切無かった気がします。


そしてクライマックスへ!!
もう泣きっぱなしでした。
1回目は限界をこえて泣きませんでしたが、今回は更に限界を超えました。
泣き泣きです。

石神の花岡靖子への手紙、靖子と美里の抱擁、湯川の事件の告白。


最後の、石神の叫び。
痛烈でした。
あの叫びには石神の全ての感情が篭ってました。
「どうして?」一番言いたかったのはこの言葉ですよね。
あんなにあなたを守ろうとしたのにって。

湯川がドアに顔押し付けているのは、感情を押し殺そうと必死だったのでしょうか。
泣いてましたよね?あれ。
取調室で湯川が石神に「君の才能がこんなことに使われたのは残念だ」って言ったとき、涙声でしたし・・・。
でも、石神の「そう言ってくれるのは君だけだ」って台詞が、雪山の台詞と対称になってて、感動的でした。
最後の最後で、「君は僕の友達だ」って言っているみたいで・・・。


原作は石神の叫びで終わりなんですが、映画は内海と湯川のシーンで終わりですね。
湯川が、愛について語っているのが印象的でした。
論理とか理論とか抜きにして、考えていましたね・・・。

粉雪が舞いながらのエンドロールでまた号泣←

この映画は本当にいい映画だと思います。
感動・・・というんじゃなくて、感情に直に残る感じ。言葉が思いつきません・・・。


もう1回、友達と見に行ってきます←



キャラ語りは3回目の時にでも。

長すぎですね笑これ。

最後に2回目だからこそ気付いたことを・・・。


①2階の壁のテレビに、「Yukawa Laboratory(湯川研究所)」の文字が・・・。
②石神が教えていた数学はちょうど今やっている定積分だった・・・。数Ⅲってことは高2か高3?しかも微分方程式はやった気がします←
③美里ちゃんが着てた服のブランドを持っていた(!)


スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) graphiTe all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。